野本真由美クリニック銀座

院長の野本真由美です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

「先生が使っているファンデーションやブラッシュはなんですか?」というご質問をいただくことがあります。

 

皆様のお役に立てるかはわかりませんが、ご紹介したいと思います。

 

私はスキンケア後、汗をかいていないことを確認してからパフでプライマーシルクを顔全体につけます。

 

その後、銀座限定ミネラルファンデーションFのヌーディライトとブラッシュのムーンをティッシュの上に4対1くらいで混ぜてパフでつけます。

 

ムーンはマットな白で、ブルーベースの肌の人が取り入れるとくすみが改善します。

 

ムーンはファンデーションに混ぜないで、ヌーディライトを全体につけたあとにハイライトに目の下の三角形に入れてもいいと思います。

 

頬の毛穴を目立たせないためには、マットな素材を少量つけることがポイントです。

「ビューティフルスキン ブラッシュ」の画像検索結果

 

その後、フィニッシングベールをうすく全体につけて、頬にサクラをパフでしっかりつけます。

 

サクラは日本人の肌に広く似合いやすいピンクです。

 

頬にシミがある人は、ファンデーションですべて隠すより、7割ベースを仕上げてからサクラをパフでしっかりつけるほうがシミがカバーできます。

 

 

眉毛は自前なので、何もしてません。

 

アイラインも引いていません。

 

アイシャドウはクリスタル(キラキラしてます)を使うことが多いです。

 

タール色素で肌がくすむので、口紅はできるだけ使わずに、ラシャスリップのクリアを使用しています。

 

血が薄めなので唇の色は赤くないのですが、ラシャスリップのクリアはタールに頼らなくても血色がよく見えるので気に入っています。

 

 

 

メイク時間はほんの 2,3分なので、メイクが好きな人にとっては物足りない情報ですみません。

 

20代のころはシミだらけで当直室からすっぴんでは出てこれなかった私も、今はノーメイクで診察している日が多々あります。

 

美容医療に感謝しています。

 

ビューティフルスキンをつくってからもう11年が経ちますが、どれだけつけても皮膚に負担がかからないことをお伝えできればと思います。

 

 

いつもご覧頂きありがとうございます。

ブログランキングサイトに参加しています。

下の野本アイコンをぽちっとお願いします。

 

 


にほんブログ村


Instagram・Facebookやってます

ぜひご覧ください♬