総院長の野本真由美です。

ご覧いただいてありがとうございます。

 

皮膚科は「赤い色」と「茶色い色」との闘いといっても過言ではありません。

緑色や紫色と闘うことはほぼありませんね。笑

 

黄色人種の肌に赤色や茶色が追加される場合、その皮膚に似合う色も、赤色や黄色を多く含んだものが多くなります。

 

少し意外と思われるかもしれません。

 

気になる色は避けている方が多いからです。

 

例えば、顔の赤みが気になる人は、メイクでも赤を取り入れた方が素敵にみえます。

 

赤ら顔やニキビで悩んでいる場合、赤いチークをさける方がいらっしゃいますが、実は逆効果です。

 

ファンデーションを厚塗りせず、チークを追加したほうが赤みは目立ちません。

 

場合によっては、ファンデーション自体に少し赤みを足す場合もあります。

 

どんな赤が似合うのか、知りたい方は主任の成田さんまでぜひご相談ください!

 

色の勉強を熱心にしていて、私は成田さんの事を「医療×色のリーダー」と呼んでいます。

 

「色」の画像検索結果

 

 

★いつもご覧頂きありがとうございます。

ブログランキングサイトに参加しています。

下のアイコンをぽちっとお願い致します。

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村


Instagram・Facebookやってます💻

ぜひご覧ください♬